苔玉:L-13cm(直径)

型番 KT
販売価格
2,200円(税200円)
受け皿
購入数
なしあり
当店が取り扱う苔玉は、キメが細かく、丈夫で手入れが簡単という特徴があります。苔玉は作ったあと、しっかりした手入れをしなければ、腐ったり枯れたりすることも多いですが、当店が扱っている苔はピートモスでつくられた特性の土台の上に苔を生やしているので、大変丈夫でインテリアに最適です。
こんなにすごいHappyMOSSの苔玉

HappyMossの苔玉は、インテリアや贈り物に最適です。

専門家が作った「枯れにくい」「丈夫な」苔玉です

HappyMossの苔玉は専門家が手作業でひとつひとつ作成しています。苔玉づくりに取り組んだことがある方であれば、苔玉が上手く丸くならなかったり、腐らせてしまったりした経験もあるのではないでしょうか。HappyMossの苔玉は定期的なメンテナンスを怠らなければ、末永く楽しんで頂けます。
メンテナンス方法はこちら >>

緑が極めて美しい、ホソバオキナゴケを標準で用いてます

HappyMossの苔玉は、ホソバオキナゴケを標準で用いています。これは苔の中でもキメが細かく、緑が極めて美しいことで知られています。市販されているその他の苔玉と美しさの違いを比較してください。きっとHappyMossで苔玉を購入されたことを誇りに感じて頂けることでしょう。


ホソバオキナゴケの詳細はこちら >>



手入れがとても簡単です

HappyMossの苔玉は、屋外に置く場合は何の手入れも入れません。空気中の水分を吸収し、枯れること無く元気に育ちます。一方、屋内で利用する場合は乾燥に気をつけ、定期的に水分を与えてあげる必要があります。苔玉のお手入れ方法は以下のとおりです。
苔玉の装飾を外す ‖欟未砲弔韻蕕譴秦飾を外します。
苔玉の装飾を外す ⊃紊鬚い辰僂い某擦靴織丱吋弔紡欟未鮨擦靴泙后 苔玉が水の中に沈んでしまうまで、芯の奥まで水分を吸収させます。
苔玉の装飾を外す バケツから苔玉を出し、水をきります。
表面が完全に乾燥していると感じたとき、このような作業を時々行ってあげてください。
苔玉を屋外に出している ○時々、苔玉を屋外に出して夜露にあててあげましょう。自然な形で水分を吸収し、鮮やかな緑を取り戻します。



苔玉


苔玉:XS-5cm(直径)
648円(税48円)

苔玉:S-8cm(直径)
1,080円(税80円)

苔玉:M-10cm(直径)
1,512円(税112円)

苔玉:L-13cm(直径)
2,160円(税160円)


苔玉:XL-18cm(直径)
3,024円(税224円)
     


苔マットを敷き詰める

1. 水はけの良い土壌づくり

水たまりができないよう地面を整え水、勾配を考慮した水はけの良い土壌を作ります。

2. 苔ネットタイプの設置イメージを事前に把握

苔緑化する面積に必要な枚数を予め把握し、必要な枚数を準備します。ハッピーモスの苔マットは1平米施工するのに8枚必要になります。

3. トレイから取り出し一枚ずつ貼る

苔マットをトレイから取り出し、一枚ずつ貼っていきます。

4. 目土をかける

最後に目土をかけて緑化が完了です。

事例

様々な場所にご活用いただいております。

苔マットを用いた庭園
苔マットを用いた庭園
苔マットを用いた庭園
苔マットを用いた庭園

HappyMOSSの苔マットは、造園業者のプロの方から、専門業者でない個人でも庭をDIY感覚で苔庭に施工することができます。 地ならしから配置・加工そして管理と、このHappyMOSS Webサイト内に情報がまとめてありますので、苔庭施工をご検討中の皆様はぜひご参考ください。

愛知県 安城産業文化公園デンパーク 様

今回、花の大温室フローラルプレイスの一角にあるガーデンルームでポンドガーデンをするにあたり、和をテーマにしたかったので、ハッピーモスさんの苔シートを使わせていただきました。
苔シートを初めて使うので、温度や湿度や日照など不安な点がありましたが、丁寧な対応で管理方法を教えて頂きました。
お陰さまで、6月中旬〜9月中旬の酷暑の中でもなんとか苔の庭をきれいに維持し会期を終える事ができました。
これからも、和風の庭を作る時は是非使わせていただきたいと思います。 色々とお世話になり、ありがとうございました。

こちらもおすすめ

受け皿
なしあり